停滞期とは

ダイエットの停滞期とは

 

ダイエットする上で知っておかなければならないのは、停滞期です。

 

停滞期に入ると、それまで順調に体重を減らすことができ、痩せられていた状態が止まってしまいます。これによって、どれだけ一生懸命ダイエットしたとしても、体重はなかなか減らず、また、痩せにくい状態になります。この状態によって多くの人が、『もう痩せることができない』や『ここが限界なんだ』と挫折へと繋がってしまいます。

 

体重がなかなか減らず、痩せにくい状態ではありますが、これに負けてしまえば、二度とダイエットをしようと考えることはできないでしょう。

 

知っておくべきことは、この状態は一時的なものなので、ダイエットを継続し続けることが大切になります。

 

このことを知っていれば挫折することはなく、挫けずに取り組むことができます。逆に停滞期の存在を知らなければ、高い確率で失敗するでしょう。これはダイエットする上で知っておくべき『基礎知識』であり、どういうものなのか、見分け方はあるのか、乗り越え方はあるのかも知っておかなければなりません。その上でダイエットを始め、目標を達成し、成功できるようにしましょう。

停滞期の見分け方

停滞期について分かったのであれば、今度はそれを見分ける必要があります。

 

その見分け方は、毎日の体重チェックとスタイルチェックをすることです。

 

ダイエットが順調に進んでいるのであれば、体重は分かるように減っていき、スタイルが良くなっていることが分かります。これが自信となり、より励むようにはなりますが、これによって体の変化が大きくなってしまい、これ以上変化しないようにと停滞期に入ってしまいます。この瞬間、体重の減りが悪くなり、スタイルの変化がなくなります。これが停滞期に入った合図であり、見分け方になります。

 

見分け方が分かっていれば、冷静に判断することができ、乗り越え方を考えることができます。変化がなくなったことが見分け方であり、それ以外はありません。だから、体重の変化やスタイルの変化を常にチェックしておき、変化が停まった瞬間を見分けましょう。

 

他の見分け方として、自分の食事や精神状態を思い返すと良いです。食事量が増えれば、体の変化を戻そうとする反応になります。ストレスが増え、イライラしていれば、体の変化を拒絶している状態になります。これらも停滞期の見分け方になるので、体の変化以外も気を配るようにしましょう。

停滞期の乗り越え方

停滞期が分かれば、後はその乗り越え方を考えなければなりません。

 

乗り換え方の中でもシンプルな方法は、停滞期に入った後も、ダイエットを継続することになります。ダイエットを止めた瞬間、体が元に戻ろうと働き、結果としてリバウンドとなるでしょう。だから、ダイエットをし続け、それを体に『当たり前のこと』だと認識させなければなりません。これによって『痩せることが当たり前』と言い聞かせることができ、停滞期を乗り越えるころができます。

 

他の乗り越え方としてオススメなのが、記録を取り続けることです。

 

数値をノートやメモに記録しておけば、変化が目に見て分かるようになります。もし停滞期に入り、体重が増え始めればダイエットが思い通りになっていないことが分かるので、何か改善する方法はないかと考えられるようになります。

 

これによってダイエットを見直すことができ、結果として『新しい変化』が生まれるでしょう。この変化が体に刺激を与え、ダイエットをリスタートすることができます。

 

つまり、新しい方法による乗り越え方なので、変化し続けることが可能です。乗り越え方が分からずに取り組むと、停滞期をいつまでも抜けられないでしょう。結果が反映する乗り越え方を知っておき、それをダイエット時に取り入れることが大切です。